ヤンモのGuitar魂Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ギター弾きのためのスケール講座〜Keyとスケール〜

<<   作成日時 : 2016/08/13 06:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どもども、がんばれニッポンな山本です。

さあ、今日は第3弾です。

さっそく本編行ってみよう!!



スケールとKey(キー)


皆さんもカラオケに行って歌うときによく、キーが合わないとか、キーを上げて下げてと言うと思います。

では、キー(Key)とは何のことでしょう?


日本語で言うと調性と言ったりしますが、それではよくわかりませんよね?

中学ぐらいの音楽の時間に学んだハ長調とかイ短調とかなんですが、ギタリストですから英語で覚えた方が簡単だと思います。


まず、キーとは曲の雰囲気を表す言葉で、主にメロディーに使われている音階と密接に関係してきます。

12音階それぞれにメジャーキーとマイナーキーが存在します。


前回までに学んだCメジャースケールやAナチュラルマイナースケールはそのまま、Cメジャーキーの時にはCメジャースケールでメロディーが作られ、


Aマイナーキーの時にはAナチュラルマイナースケールでメロディーが作られます。(もちろんそれ以外の音も使われますが…)



ここで、参考音源を用意しました。

↓Cメジャーのコード進行




↓Aマイナーのコード進行





*CメジャーとAマイナーは使ってる音は同じでも曲の雰囲気は違いますよね!?
  楽譜の表記は同じですが…(後日出てきます)


つまり、ギターでアドリブや作曲をするにはキーとスケールがわかっていれば出来るはず!?

そんな簡単にはいかないですが…




まとめ:

メロディーやソロを弾く(作る)にはキーに合ったスケールを使う(もっとディープな世界は後程(笑))


じゃあキーはどうやって見つけるのかは後日お話しますよー

がんばれニッポン!!がんばれギタリスト!!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギター弾きのためのスケール講座〜Keyとスケール〜 ヤンモのGuitar魂Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる